政策

VISION

3つの政策の実現に挑戦します!

東京五輪・パラリンピックが開催される2020年へ向け、 都政は大きな転換期を迎えています。
みなさまから寄せられた声を政治に届けるために、うすい浩一は3つの政策の実現に挑戦します。

3つの政策

01

クリーンな
”東京”へ

身を切る改革を断行!

  • 議員報酬を20%削減し、身を切る改革の先頭に立ちます。
  • 交通費の代わりとなる「費用弁償」の定額支給を廃止し、「実費清算」に切り替えます。
  • 政務活動費の領収書などをネット上で全面公開し、クリーンな東京を実現します。

02

子どもの教育格差を
解決!

子育てしやすい環境へ!

  • 私立高校に通う世帯年収910万円(目安)の家庭への助成金を拡充し、授業料を実質無償にします。
  • 入学支度貸付制度(無利子)の貸付額を現在の20万円から25万円に増額します。
  • 待機児童の受け皿の拡大し、休日・夜間保育の充実や、江北地域へ総合病院の誘致による病児・病後児保育の実施など、子供を育てやすい環境を作ります。

03

足立の魅力
を生かした街づくり

「あだち」の魅力を生かした街づくりを進めます

  • 足立区ユニバーサルデザイン推進計画を基にバリアフリー化を進め、誰もが暮らしやすい”歩きたくなる街”を目指します。
  • 荒川沿いのサイクリングやジョギングの途中に、食べて遊んでくつろげる「川の駅」の設置や、舎人公園にアスレチックを整備し、魅力あふれる街をつくります。
  • 木密地域対策や大規模水害対策を強化し、安全・安心の災害に強い街を築きます。
  • 電柱の地中化を推進します。